NEWS

  • HOME
  • 新着情報
  • 「関電トロリーバス300型VVVFインバータの 走行音を聞くツアー」を開催

2018.10.29

プレスリリース

「関電トロリーバス300型VVVFインバータの 走行音を聞くツアー」を開催

 当社は、長野県大町市で運営する、北アルプス交通におきまして、関電トンネルトロリーバスのVVVFインバータ(※)の走行音を聞くことに特化したツアーを企画販売いたします。
現在国内にて営業するトロリーバス(無軌条電車)は、立山黒部アルペンルートのみ運行されておりますが、関電トンネルトロリーバスは、本年11月30日を以て54年の運行を終了し、来年度より「電気バス」の運行となります。
同トロリーバスは、長野県大町市「扇沢駅」から、富山県立山町「黒部ダム駅」間の6.2kmを走行。車両300形(平成5年より導入)の制御装置に採用されているVVVFインバータの独特の走行音を聞く事を楽しまれている鉄道マニアの方がおられることから、最後の機会にこのトロリーバスのVVVFインバータの“音”を聞くことに特化した旅行商品を企画したものです。

ツアーは、平成30年11月20日(火)開催、長野駅発着、昼食付きで15,000円。
長野駅に10時に集合、北アルプス交通の貸切バスにて大町市へ向かい、黒部ダム開業時からダムとの縁も深い「くろよんロイヤルホテル」でご当地名物の「黒部ダムカレー」の昼食をおとりいただいた後、黒部ダムの玄関口「扇沢駅」にて、トロリーバスの車体見学・撮影会を実施。その後トロリーバスを2両貸切で運行。1両は参加者お手持ちの録音機材を載せて無人運行、もう1両には参加者にご乗車頂き、最大100‰の急勾配を走る走行音をお楽しみいただきます。

黒部ダム駅到着後には、黒部ダム駅を出発するトンネルに反響するトロリーバスの走行音をホームにて楽しみいただけます、黒部ダムの見学も可能です。復路もトロリーバスに乗車頂き、貸切バスで長野駅に向かい18時頃に長野駅到着予定です。

※10/30を以て当企画は定員となり募集を終了いたしました。

トロリーバスは、法規上鉄道(無軌条電車)に属していることから、鉄道マニア、特に「音鉄」、「卒鉄」と呼ばれる皆様、また車両の形はバスであることから、バスマニアの皆さまにも大変お楽しみいただける内容となっております。

※VVVFインバータ制御:VariableVoltage(可変電圧)VariableFrequency(可変周波数)制御の略で、電圧、周波数を変化させてモーターをコントロールする方式。

プレスリリース

関西電力グループ

株式会社 関電アメニックス